豊富にある、魚介類の中から、私が特におすすめするものだけを厳選してお伝えしていきます。


その前に、まず、魚介類とは、どういったものを言うのでしょうか。
魚はもちろんですが、そのほかにカニや海老などの甲殻類、イカやたこといった軟体動物、そして貝類などを合わせてこう呼んでいます。

次に、私の独断と偏見になってしまうんですが、魚の中で特におすすめのものを挙げていきます。
最初に、秋刀魚について。
特に脂が乗っているものは最高においしいのが、この秋刀魚(さんま)ですよね。

sanma.jpg

秋刀魚の美味しい焼き方には、ポイントがあります。
それは、「弱火で時間をかけて焼かないこと」です。
せっかくの脂が、ゆっくり加熱するとどんどん逃げてしまいます。

だから、わりと強火で一気に焼いてしまいます。

皮を焼いているときに破らないように注意することも大切。
破れた場所から、同じようにどんどん脂がにげてしまいます。

次に貝類のお話をします。
貝のなかでは、「ほたて」がお気に入りです。
新鮮なものに限ってしまうんですが、お刺身が特に好きなんです。

昔、スーパーなどで売られているあまり鮮度の良くないホタテを食べてから、貝が嫌いになってしまったんです。

その後しばらくしてから、新年会で海の近くの旅館のような場所で、食事をする機会があったんですね。

そこで出されたホタテの刺身が、あまりに美味しくて、貝嫌いが一瞬で消えてしまったんです。
本当に新鮮な魚介類は、素晴らしく美味なんだな、と再発見したんですね。



最後に、甲殻類です。
また、私の好きなものになってしまうんですが、甲殻類のうち、蟹の中でのオススメは、「ズワイガニ」です。

zuwaisyashin.jpg

万人に好まれる、癖が少ない甘さと、上品さと濃厚さを併せ持つ風味が絶妙で、正に「食べると静かになる」のが、このずわいがにです。

本当においしいものを夢中で食べている時には、無口になるものです。
おいしい蟹の時には、さらにそれが強く出ますね。

最近では、わざわざ蟹のカラをはずしてある「ポーション」という商品もあります。
これは、鍋物などをするときには本当に便利だと感じますね。

一匹姿の蟹と、ポーションタイプのカニ。
この2種類を、上手に使い分けたらいいのでは、と思うんです。
それぞれ別の良さがあります。

カニそのものの味を、本当に味わいつくすなら、姿のカニを。
そして、下準備が面倒な、鍋物や料理に使うなら、ポーションタイプ。

用途に応じた商品を選んで、カニをとことん楽しみましょう!

さらにズワイガニの味覚情報サイトを見て、詳しく知る
まず、サンマという魚はどういったものか、最初に説明をします。

西日本ではサイラ、またはサエラなどと呼ぶ地域もある、ダツ目サンマ科サンマ属の魚です。
長さは、40cm程度のものが多くなります。
最初に、伊勢海老について簡単な説明をしておきます。
エビ目イセエビ科イセエビ属。ロブスターは、アカザエビ科で別の種です。

体長はおよそ30センチに達します。

すしの基本知識について

魚介類を使った代表的な食べ物の一つに、寿司があります。
今回は、すしの歴史について語っていきます。